やさしい木曽義仲法廷日記

 「やさしい 木曽義仲 法廷日記」


はじめに

 木曽義仲は英雄である。しかし世間には木曽義仲は乱暴者、暴れん坊将軍、逆賊(ぎゃく
ぞく)とする通説(俗説)がはびこっている。これは平家物語やその解説者および現代の小説家に
よる捏造(ねつぞう、作り話)の影響が大きいが、その他に京都の公家の日記「玉葉(ぎょくよう)」
の誤解も影響している。
 最近「義仲と巴」をNHKの大河ドラマにという運動が起きているが、NHKのドラマ関係者の
義仲は乱暴者というイメージを取り除かなければ無理だろう。
 平家物語以外の史料を分析して、木曽義仲の京都での乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)説は
捏造(ねつぞう、作り話)であると判断し、「史学義仲」に論文として発表した。
 しかし会員の一部から二度も繰り返し読んだが良くわからないという話を聞いた。そこで、その
解説書を「朝日将軍木曽義仲洛中日記」として出版した。しかし厳密さを強調するため引
用文を多めにしたので初心者にはやや難しいようである。
 そこで本書はやや厳密さを欠くが、わかりやすさを基本とし、筆者の推定(独断と偏見)を加
えた裁判形式の読み物としてみた。ぜひ「朝日将軍木曽義仲洛中日記」や「史学義仲」も
読んでいただきたい。

目次
 カラー写真
第一章 仮想法廷一 木曽義仲軍乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)事件
第二章 仮想法廷二 猫おろし事件
第三章 仮想法廷三 法住寺合戦事件
第四章 仮想法廷四 名誉毀損(めいよきそん)事件
付録 義仲ゆかりの地データ

 (注:このなかの証人及び証言は筆者の推定(独断と偏見)です)



このホームページはJimdoで作成されました

Jimdoなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
Jimdo jp.jimdo.com であなただけのホームページを作成してください。